アニメ「どろろ」を見終えた。

原作と違って百鬼丸は前半ほとんど喋らない。

だがそのクールなところが格好よかった。

キャラクターも、敢えて手塚キャラから外しており、

視聴者はバイアスなく見ることができたと思う。

やや中だるみなところもあったが、良いアニメだった。

 

もともとは、水木しげるに嫉妬した手塚治虫が妖怪ものを

描いたマンガで、いま読むとちょっと厳しいところもある。

しかし、失われた自分のパーツを戦って取り戻す、という

パターンはおそらく「どろろ」が最初ではなかろうか。

その意味で、やはり手塚治虫は天才だった。

アニメ「消滅都市」を見終えた。

松田優作探偵物語なんて、今の若者は知らないだろうし、

オッサンでも食いつきは悪いと思う。そのセンスが私とは

合わなかったようだ。エンディングのカバー曲も。

 

一番よく分からなかったのは、ラスボスの目的である。

別の世界の危機を救うために主人公たちのいる世界を消滅

させる、というのは何となく理解できたが、なぜ別の世界は

危機に瀕しているのかという説明はなかった気がする。

重いものを背負った悪役なのだろうけど、ただの殺人鬼に

しか見えなかった。

 

 

アニメ「フェアリー・ゴーン」一期を見終えた。

設定とか作画は好みで期待していたのだが、全部をセリフで

説明しようとして、よく分からなくなってしまった。

 

作っている人には自明なのかもしれないが、地図をもっと

頻繁に出して国と国との位置関係とか、その敵対関係を

説明しないと、理解が追いつかない。

そういうのは公式サイトで見てね、というのであれば、

コアな視聴者しか相手にしてないことになる。

 

それから時系列もたびたび遡ったり現在に戻ったりして、

もう少し整理できないものかと思った。

演出でそうするのが効果的なのは分かるけれど、ここでも

やはり普通の視聴者がおいてけぼりになっていると思う。

 

二期はそのあたりをどう修正してくれるのだろうか。

もし同じように話を進めたら、一期を最後まで見た人も

脱落してしまうのではなかろうか。

 

 

アニメ「何でここに先生が!?」を見終えた。

それぞれのヒロインを演じた声優は、どういうスタンス

だったのだろう。

主題歌を唄った上坂すみれはともかく、それ以外の三人は

なんというかドラマ「フルーツ宅配便」でデリヘル嬢を

演じた女優と同じような匂いを感じた。

 

アニメ「ひとりぼっちの○○生活」を見終えた。

私も人見知りで自分から友達になってくださいと言えないので

主人公の気持ちはとても良く分かった。

周りの人に恵まれて、だんだん友達が増えて幸せになっていく

のを見ることができてよかった。

 

とはいえ、クラス全員と友達になるというミッションは厳しい。

小学生のときのたった一人の友達に、そうしないと絶交だと

言われたから、無理やり努力しているわけで、じゃあ中学で

できた友達は彼女のための踏み台か、という話にもなる。

 

大切な人が増えていく喜びを、最後に感じさせてくれたので

いいアニメを見たという気分になったけど、最終的に主人公と

小学生のときの友達はどうなるのかはちょっと気になる。

 

 

川柳少女」と「みだらな青ちゃんは勉強ができない」は

一応完走したものの自分にはあまりピンと来ないアニメでした。

というか、このレベルの作品をアニメ化するマガジンはすごい。

サンデーはそこを見習うべき。

転売屋がチケットを買い占められるのは、bot と呼ばれる

プログラムで高速・大量に発注できるからだそうだ。

これを阻止することは今の技術ではできないのだろうか。

そうすれば、わざわざ法律を改正しなくてもいいと思うのだが、

難しいのでしょうね。

いっそ、はがきや封書で手書きで応募する形式にしたら

転売屋も面倒くさいのでやる気をなくすかも。

 

アニメ「さらざんまい」を見終えた。

かわうそは概念の象徴で、カッパは欲望の象徴ということなの

だろうか。概念と欲望の戦いの話、と言われても正直ピンと

来なかった。

 

なぜ浅草を舞台にして、通行人はちょんまげや日本髪の記号

だったのか、というのも考えてみた。

和風のテイストにしたかったというのもあるだろうが、

陰間茶屋が流行していた江戸時代を表現したかったのでは

なかろうか。

 

そうすると、女装する少年とかレオとマブの関係なども

衆道というベースで理解できる。

幾原監督は百合の人かと思っていたが、薔薇の人でも

あったのですね。

 

 

ただ、もっと深い考察はたくさんあるだろうから、これから

検索して読んでみたいと思う。

今期のトップ3に入る作品でした。

大阪で警官の拳銃を強奪した事件では、犯人の動向が街中の

監視カメラで捉えられていた。

逮捕につながってよかったのだけれど、四六時中ずっと録画

されているということは、普通の人の姿も筒抜けになっている

わけだ。

 

べつに悪いことをしなければ撮影されていてもかまわないと

言えるが、こんなに監視されるようになっているのは不気味だ。

報道ではそういう声はほぼなかったが。

 

中国では顔認証システムでさらに監視を強めるらしい。

そのシステムを世界中に売り込もうとするはずだが、はたして

どのくらいの国が導入するだろうか。

 

もう映画「マイノリティ・リポート」の世界は現実になって

いるのである。

アンジュルム和田彩花ハロープロジェクトを卒業した。

私はスマイレージのインディーズ曲でファンになり、2期

メンバー加入からアンジュルムに改名するあたりで離れて

しまったので、昨日の卒業ライブについては特に何も言う

ことはないのだが、和田彩花という類まれなアイドルに

ついては記憶しておくべきだろうと思う。

 

インディーズ曲が良曲ばかりで、満を持してデビューした

ものの、いわれのない中傷に傷つき、歌唱メンバーの突然の

脱退、エースの卒業、新メンバーの加入、グループ名の改名

などなど、いくつ心が折れてもおかしくない状況を耐え抜き、

ハロープロジェクト全体のリーダーに登りつめた鉄人である。

 

と同時に、印象派の絵画について新書を出し、仏像に造形が

深く、美術系の大学院に進学した才媛でもある。

 

これほどのアイドルは、今後も出てこないだろう。

 

卒業後は大学院の勉強を続け、一年は芸能関係の仕事は休む

そうだが、欧州に滞在してうんと羽根を伸ばしてほしい。

 

そして、日曜美術館などの美術系の分野で欠かせない

タレントとして活躍していただきたい。

いままでアイドルを続けてくれて、本当にありがとう

ございました。