NHKのBSで再放送されていた朝ドラ「はね駒」を見終えた。

当時の斉藤由貴のファンだったので、浪人しているときに

見ていたはずなのだが、この年になって見返すとほとんど

憶えていなかったことに気づいた。

そもそも夫役が渡辺謙ということさえ失念していたのだから、

何を見ていたのやら。

 

まだ男女共同参画社会という言葉が出てくる以前の1986年の

作品ながら、女性の進学や就職について先進的な生き方を

した人物をモデルにしている。

あまりに進歩的すぎる部分は、母親役の樹木希林がビシッと

抑えつけていて、脚本の目配りもよい。

その樹木希林沢田研二が共演するキャスティングも憎い。

 

おしん」もそうだったが、妹が嫁いだ先の農村で嫁いびりが

あって不幸な目に遭う話があって、当時は農家の非近代性が

怨嗟の的になっていたのだろう。

 

三陸地震の描写は、東日本大震災を予見するようなところが

あって驚いた。名作はそういうところがあるのかもしれない。

 

子役の演技は今の水準からするととても低いのも気になった。

というか、いまの子役が上手すぎるのだろう。

普通の子供が受けていたオーディションに、劇団の子供が

やってくるようになったのは90年代あたりからなのか。

 

ドラマの内容はわりとコメディタッチなところが多かったのに、

タイトル音楽が不思議なほど重厚だったのも謎だ。