17日付の朝日新聞愛媛版に「住化系工場また出火」という記事が載った。
それによると、16日午後1時50分ごろに、新居浜市住友化学愛媛工場の
有機金属工場貯蔵室の配管から出火、配管の一部が燃えた、とある。


そして、記事の最後には

 同社の愛媛工場では、昨年4月と9月に関連会社の工場火災や塩素ガス
漏れなどがあったほか、今年3月にも子会社で工場火災が発生するなど、
火災などが頻発している。

と結んでいる。


法人税を市や県に納めているからか、経団連の会長の会社だからか、こん
なに火事が頻発しているのに、ほとんど叩いていない。
読売新聞などは今回の火事をベタ記事で書いただけである。


たぶん、東電と同じような構造になっているのだろう。
規模は違うが、ひどい事故を起こしても
サーセンw 反省してまーすw」
で終わりなのだ。