代替タレント

広告業界では、あるタレントが何らかの事情で起用できなかった場合、同じイメージのタレントを
予めピックアップしているという。
以前、誰と誰が同じイメージなのかが漏れたことがあったが、ほとんど忘れてしまった。


ただ、広告を見ていると、なるほどこの人とこの人が代替できたのか、と思うことがある。
例えば、ウィダーinゼリーのコマーシャルは、木村拓哉からオダギリジョーに変わったが(現在は
違う)これなど典型的なパターンだろう。


あるいは、アクティブダイエットという飲料は、水野美紀がやっていたが、あるときから篠原涼子
にスイッチされた。
基本的な印象は全く同じなのに、どうしてタレントを差し替えるのか、よく分からない。


もし新鮮さを出したいのなら、コマーシャルのコンセプトごと一新すればいいと思うのだが、いろ
いろ大人の事情があるのだろう。


その一方で、タレントと商品が不可分になっているものもある。
モンダミン井森美幸とか小林製薬佐藤B作なんかは、もう10年以上続いていると思う。
そうなると、広告効果とタレントはどういう関係にあるのか、よく分からなくなる。


同じタレントで続けた方が信頼性が出るのか、それとも時代ごとに人気のあるタレントを出した方
が売り上げが増すのか、それぞれケースバイケースなんだろうけど、同じタレントで長期間やるの
は例外なのかもしれない。


で、話は木村拓哉オダギリジョーに戻る。
ふたりは代替タレントというぐらいだから、オファーが重なる仕事もいくつかあるだろう。
演技では圧倒的にオダギリジョーに自由度がある。どんな役でも選択でき、大きくイメージを裏切
るリスクもない。


木村拓哉には、そういう自由度がない。特にテレビドラマの場合は、高い視聴率を期待されている
ため、役柄で冒険ができない。
オダギリジョーは「時効警察」のようなドラマを飄々と演じることができるのに、木村拓哉は深夜
ドラマに出ることがない。これは木村拓哉にとっても不幸なことだと思う。


だが、木村拓哉には「SMAP×SMAP」がある。
この番組のコントを演じることで、テレビドラマのストレスを発散し、コメディもできるぜ、と主
張している。
毎週バラエティ番組に出演することで、知名度はすごく高くなるだろうし。
(もっとも、オダギリジョーにとっては、バラエティ番組にほとんど出演しないことで、俳優として
のレア感が出るし、コマーシャルを何本もやっているから関係ないのかもしれないけど)


同じようなイメージといっても、アイドルから出てきた人と仮面ライダーから出てきた人では、戦略
が違うのかなぁ、と思ったりして。
二人が共演することはないだろうけど、お互いどう思ってるのかは知りたいところである。


本文と写真はまったく関係ありません

从#~∀~#从<あー、ビールのCM来んかなー